HOME > 医療保険について > 医療保険の加入率

医療保険の加入率

医療保険の加入率は保険の中でももっとも高いと言われています。ついで死亡保障が多くなっていますが、死亡保障の場合は子供が小さい時だけなど限られた人のみが必要とする保障となります。医療保険は幅広い人が必要な保険で、怪我や入院の可能性がある全ての世代で必要だと言えます。およそ8割程度の人が医療保険に加入しているとも言われています。

医療保険の増加

医療保険と死亡保障の加入率が高いのは、多くの場合死亡保障とセットで加入する事が多いからです。しかし、扶養者が居ない人は死亡保障は必要ありませんし、高齢の方は医療保障のみに加入するケースが多いようです。最近では高齢者が格安で加入できる医療保険も登場し、医療保険の加入率も増加しているようです。以前のように年齢と共に保険料が高くなり加入できないという事は無くなりつつあります。

このページのトップに戻る