HOME > 医療保険について > 貯蓄型と掛け捨て型

貯蓄型と掛け捨て型

医療保険を検討する場合貯蓄型と掛け捨て型の2種類から選ぶ事になります。貯蓄型は積立金が付けられており貯蓄と同じように考える事ができます。しかし、保険料が高くなってしまうのがデメリットで、最近では保障のみが付けられた格安の掛け捨て型に人気が集まっています。貯蓄は貯蓄、保険は保険と別に考えた方がよい場合もあります。

保険料が安い掛け捨て型

最近の傾向では、家計の負担を減らすため毎月の保険料が安い方が良いと考える方が増えています。掛け捨て型は満期時に保険料の払い戻しが無い代わりに、月々の保険料を格安で提供しています。月々の保険料をなるべく押さえ、別に貯蓄を行った方が合理的でしょう。保険の貯蓄は好きな時に払い戻しができないなど、融通が気かない面もあるからです。

このページのトップに戻る