HOME > 医療保険のを見直し > 医療保険と家計の関係

医療保険と家計の関係

医療保険と家計の関係はバランスが重要です。保障は厚い方が安心ではありますが、家計に負担をかけていたのでは意味がありません。万が一の時の医療費や家計を支えるのが医療保険ですから、普段の家計も圧迫しない保険を利用するようにしましょう。また、家族構成によっても必要となる保障内容は異なり、負担する割合も変わってきます。

家庭による保険料の割合

医療保険の目安は、一人暮らしの人は割合が少なくて良いでしょう。最低限の保障のみを必要とする為、保険料も格安で済みます。子供が居ない場合でも結婚されている方は多少独身者より割合が高くなります。子供が居る場合は保証内容も充実させるため、保険料も相対的に高くなります。一番負担額が多いのが自営業です。収入の保障も考えなければならない為ある程度負担額は大きくなります。

このページのトップに戻る